スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業の信用度は、採用活動でわかる(2)

さて、前回は、事柄をそのまま書きました。

・・・・普通の会話で問題なかったですか?

あなたは、どう感じましたか?

私は、企業の人事業務で採用業務も担当してきました。

そこでのスタンスは、

採用活動は、営業活動の一種である。

ということです。

今日もありがとうございます。ヒデです。


社員を採用するので、会社側が優位と思われますが、

よほどの大企業や100年に一度の不況でもない限り、

求人は厳しいものです。

ヒデのいた会社は、中小企業が多かったので、

大変苦労しました。

今でも企業は、社員採用のために、広告を出したり、

採用ポータルサイトに出展したりしています。

募集のためにおカネをかける。まさに営業活動です。

ということは、採用活動における「お客様」とは、

「応募者」なのです。

人事部門と担当者は、応募者を選定する権限を持っています。

だから、会社が優位だと勘違いをしがちです。

それが、応募者への連絡や対応にも現れてしまいます。

ヒデのつっこみどころ(その1)

「応募者に質問に答えていない。」

お客さまからの質問があったとき、

営業担当者は、それにまず答えませんか?

回答せずに、商談に入るでしょうか?

「応募者からの質問には、必ず答えましょう」

つっこみどころ(その2)

「電話連絡は、事情がわかっていない者が行っている」

連絡担当を決めて、連絡することは効率的ですが、

私は、こうした方法は好きではありません。

企業勤務中では仕事柄、セールス電話の応対をすることが多かったです。

テレアポ担当者からのアポとり電話については、お断りしています。

以前、某大手保険会社のテレアポで予定していたら、無断キャンセルされた

経験があります。

それ以来、その会社は出入り禁止にしました。

「電話連絡は、責任を持てる担当者が行い、とっさの質問などにも

対応できることが必要です。」

つっこみどころ(その3)

「担当者が名乗らなかった」

質問に答えてくれた人事担当者(男性)は、名乗りませんでした。

私も確認しませんでしたが、ビジネス電話では、話し手が代わったら

名乗るのが基本です。

この時点で、この会社は電話マナーがしっかりとしていない会社である。

と判断しました。

つっこみどころ(その4)

「電話を、こちらが切る前に通話を終了した。」

基本的な電話マナーでは、お客様が受話器を置いてから、

こちらが受話器を置く、とういうのが、ビジネス電話の基本です。

この男性社員は、マナー知らずと言うことを、露呈しました。

・・・・・

応募者、特に不合格になった方への対応は、気を配るべきです。

彼らは見込み客の一人になるかもしれないからです。

不合格になっても、親切・丁寧に対応すれば、

あなたの会社の印象は下がりません。

親切な対応の結果、あなたの会社のファンになってくれることもあります。

逆に、粗末に扱うと、最悪風評被害にも会うかもしれません。

これを読んでいる人事担当者の方へ、

あなたが会社を代表しているのです。

応募者は、あなたを通して会社を判断します。

対応がまずかったことで、良い人材を逃すこともあります。

自覚を持って、良い人材を採用をしてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。


オフィス・キリウ
では、社員の採用から退職まで、
トータルな人事労務コンサルティングを提供しています。








スポンサーサイト

テーマ : 本質を考えてみる
ジャンル : ビジネス

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。