スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試用期間の勘違い

今日もありがとうございます。ハーレー社労士です。

社長さんから良くある質問に、「試用期間中に適性がないと感じたら、クビにしていいんでしょ?」と言われることが、たびたびあります。
これは大きな誤解というか勘違いです。試用期間は、文字どおり採用した社員に適性や能力があるかどうか、期間区切って見極め、本採用の判断をする期間です。そして、採用から14日を超えた場合に、本採用をやめようとする時には、法律上は「解雇」の扱いとなります。
従って、キチンとした理由がなければ、権利濫用とされることもあります。また、試用期間中は、社会保険にも加入しなければなりません。試しといえども、雇用期間を明確にしていないので、採用した日から社会保険に加入するのです。
また、試用期間の長さには規定はありません。一般的なのは、3か月です。6か月という会社もありますが、ずっと試用期間というのは許されません。長くても1年というのが、行政の考えになっています。
試用期間をうまく利用して、採用した人財を活かして行きましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。