スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労災と自然災害(3)

今日もありがとうございます。ハーレー社労士です。

労働局のQ&Aより

問)
父親が会社を出て帰宅途中と思われる時間帯に、
津波に遭い亡くなりました。通勤経路や、
どのあたりで被災したかはわかりませんが、労災請求できますか。

答)
被災の状況がわからない場合であっても、
明らかに通勤とは別の行為を行っているということでなければ
通勤災害として認定されます。
ご自分で判断ができない場合についても、
請求書を受け付けて調査しますので、
労災請求をお勧めします。


震災の被災者が多いことで、

行政の解釈も変わってきた。

通勤災害は、

合理的な経路と方法で、住居と職場を往復すること

である。

では、合理的な経路と方法とはなんだろうか?

会社に届けてある定期券や通勤費の申請書が

合理的だろうか?

自動車(バイク)通勤が禁止されている会社で、

寝坊した社員が遅刻しそうになり、

バイクで通勤した途中で、転んだケガをしたら、

通勤災害になるだろうか?

これは、私が経験した例だ。

この会社では、通勤は電車やバスを使う事が原則となっていた。

バイク通勤は全面禁止ではなかった。

時々、自分自身もバイクで通勤していたことがあった。

会社にバイク通勤の届け出を出していなかった。

そんな時に同期の社員が出勤途中で

車にぶつかって、骨折をしてしまった。

上司は、会社に届け出を出していないのだから

通勤災害にはならない、と言った。

しかし、調べてみると

会社が認めているかどうかは関係なく、

その通勤経路が「合理的な経路と方法」かどうか

で認められるということだ。

電車通勤とバイク通勤のどちらが合理的かどうかという

選択ではない。

その時によって、合理的な経路と方法が変わってくるということだろう。

地震による津波を避けるために

遠回りだが高台を経由して帰宅する、

これは「合理的な経路」であろう。

彼のケースでは、

バイクを使うことが、合理的な方法であり、

電車通勤とは違う経路になる事も合理的ということになる。

津波によって被災してしまった場合でも、

その経路と方法が合理的であれば

通勤災害として救われるということだ。

ちなみに、通勤災害は会社の指揮監督下にはないため

使用者責任を問われる事はないだろう。

通勤災害の書類作成は会社がするものだから、

「手間」がかかるのはやむを得ない。

だからルール違反をしたということで

社内処分をすることは、考えられる。

いずれにしても

通勤途中でも、ケガなどしないように日頃から

気をつけておくことは必要である。


最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。