スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職勧奨に応じた社員から退職願いの撤回を言ってきました

今日もありがとうございます。
人事の問題を円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士の桐生です。

退職勧奨に応じた社員から退職願の撤回を言ってきました。
どうしたらいいでしょうか?

退職勧奨は、会社が社員に対して「退職の勧奨」をすることです。
解雇とは、少し形態が異なりますが、リストラ策のひとつです。

退職願を書いていただくように、会社から薦め、本人が退職願いを書いて手続きを進めます。雇用契約の合意解約です。

この合意解約の申し込みにあたる「退職願」は、使用者の承諾の意思表示がなされるまでの間は撤回できる、という判例があります。

ということは、会社はいつ承諾したのか、という問題が起きます。

確実に「承諾した」ことがわかるように、代表者が受理したという書面で通知することです。少なくとも社員の人事権がある者が受理した、という書面を作ることです。
中小企業では社長です。少し大きな組織では、人事部長などになります。

このような通知書の他に、「合意退職に関する覚書」などでかくにんすることも、トラブルを防ぐには有効となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事の問題でお困りの場合は、こちらまでお問い合わせください。

 

スポンサーサイト
プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。