スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員とのトラブルは、いつ起きる?

今日もありがとうございます。ハーレー社労士です。

社員とのトラブルは何時起きやすいでしょうか。

社員が退職するとき、解雇した時に起きやすいのです。

在籍中、つまり働いている時は、社員は会社に不満を持っていても、
表には出しません。
給料が下がったり、ボーナス査定に影響することを恐れるからです。
大きな会社であれば、転勤や左遷ということもあります。

ところが、退職を決めると、社員としては怖いものはありません。
だから、退職する時に、いままで我慢していた不満が一気に表面に吹き出します。
リストラや解雇するときも、不満が出やすいです。
私は、会社で人事を担当していたので、解雇を通知した経験があります。

総務担当の退職補充を行うため、社長と相談し社長秘書の職務を変えることにしました。
彼女に仕事が変わることを説明すると、想定とは違う態度を私にしました。

「私は、会社の操り人形じゃない!!」

彼女は、会社への不満を話始めました。

退職願を翌日出して、会社を去りました。

その後、彼女とはトラブルに発展することはありませんでした。
ちょっと、ホッとしましたが、
後味の悪い社員退職の思い出です。

社員とのトラブルは、感情のもつれから生まれることがほとんどです。

辞めた後に、内容証明が送られて来た。という話はよくあります。

社員の退職時には、トラブルが起きやすいということ。
経営者や上司となっている方はよく気にしておきたいポイントです。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。




人材活用でお悩みの社長さんへ

ペタしてね

By TwitterIcon.com


↓↓ホームページはこちら

IT業界専門の人事・総務コンサルタントのハーレー社労士

桐生社会保険労務士事務所

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. 社員の退職時

貴重なお話をありがとうございます!
事前にどうすべきかは実際の顧問契約の中でご教授いただけるのですね!

2. Re:社員の退職時

>hukiagekeiriさん
いつもありがとうございます。
個々の例で対応が異なりますので、ご相談ください。
プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。