スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方不明になった社員の対応

今日もありがとうございます。人事のトラブルを未然に防ぐ「人の専門化」ハーレー社労士です。

社員が行方不明となり、連絡が取れません。
会社はその社員を解雇などにすることはできますか?

会社によっては、このような規定を就業規則に盛り込んでいるかもしれません。

社員が無断欠勤し、7日以上にわたる場合には、懲戒解雇とする。

条文を読むと、会社に連絡せずに一定期間無断欠勤したら、懲戒処分意できると読めます。

ところが、現実には連絡なく欠勤した場合でも、事後、病気や事故であったことが診断書などでわかったときは、病欠や有給休暇処理をするということもしばしばあります。

こういうケースでの懲戒解雇は、裁判となった場合に「解雇権濫用」と判断されるリスクがあります。

したがって、社員が欠勤した場合には、欠勤の理由を探ることが必要です。

長期間連絡が取れずに、行方不明となった社員に対して、無断欠勤
で懲戒解雇することはできない、と解されています。
それは、その社員がずる休みしているのか、何かの事件や事故に巻き込まれたかわからないからです。
懲戒解雇にするには、無断でずる休みをした、という裏づけが必要です。

こういうケースでは、社内で検討するだけでなく、外部の専門家の知恵を借りることも、行うことがトラブルを大きくしないコツです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事のトラブル相談は、こちらまでどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。