スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試用期間中に能力不足がわかったとき

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

就業規則には、試用期間を3か月と規定しています。
この度採用した社員は、業務に対しての能力不足だと考えるので、試用期間に辞めてもらいたいのですが、大丈夫ですか?

よくあるご質問です。
試用期間中の社員は、通常の社員と異なり、判例でも能力不足や適格性が欠けていることを理由とした解雇は認められやすいです。
ただし、明らかに能力や適格性が客観的合理的な理由があるものでなければなりません。

例えば、上司や同僚とうまくやれないという協調性がない、ということが理由のときは、そのことが、勤務成績や勤務態度がよくないという客観的な理由とならない限り、解雇はできません。

上司の永年のカンで、当社の仕事に向いていないと考える、といった場合の対応は、次のような対応を検討します。

就業規則に、試用期間の延長が規定されていれば、試用期間を延長して様子をみる、ということができます。試用期間の延長については、特に制限はありませんが、2~3回延長して、通算で1年間とすることも可能です。

幾つかの部署(仕事)があるのであれば、本人にあった仕事があるかもしれません。せっかく採用したのですから、配置転換して活用するように考えることも大切です。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

試用期間にまつわる相談は、こちらにどうぞ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。