スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理職である店長から残業代の請求がきた

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

店長には、きちんと役職手当を支払い、管理職としての待遇をしてきました。しかし、ある店長から我々は「名ばかり管理職」で役職手当も十分ではないので、残業手当の請求がありました。どうしたらいいですか?

労働基準法には、労働者が時間外勤務をした場合には、会社は残業手当を支払わなければなりません。しかし、その労働者が管理職の場合には、労働時間の規定については適用除外とされています。

管理職の場合、責任ある立場にあることから、所定の労働時間以外にも仕事をしなければならないという想定されているからです。
そして、多くの場合、管理職には、残業手当の代わりに、それに見合う報酬として「管理職手当」などで支払っています。

しかし、名称がなんであれ、働く実態が一般労働者と変わらない場合には、労働時間の適用となってしまいます。

例えば、業種によっては入社間もない一般社員に対しても、対外的な観点から役職を与えている場合があります。このような場合には、管理職の肩書きを持っていても、一般社員のように残業代を支払わなければなりません。

残業代を支払いたくないからといって、役職手当をつけても、勤務の実態をから、管理職該当するかどうかを判断します。
具体的には、実際の業務内容と管理職に与えられている権限と責任の程度などから、総合的に判断されます。

銀行の支店長代理であっても、労働者と判断された判例もあります。多くの中小企業で、労働基準法の管理職に該当するケースはあまり多くないのではないかた考えます。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

給料にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。