スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務成績が伸びない正社員をパート社員にしたい

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

正社員として採用しましたのですが、あまりにも業務能率が悪いのでパートタイマーに変更したいのですが、問題ないですか?

御社でいう「パートタイマー」は、期間の定めのある雇用契約であり、正社員に比べて短時間勤務や賃金も時給制で低い水準であるとことと理解しました。

この場合、期間の定めのない正社員契約と、期間の定めのあるパートタイム契約では、全く別の契約形態となります。従って、雇用条件の変更という考えではなく、一旦、正社員としての雇用を終了して、新たに有期雇用契約を結ぶのと同じことになります。
従って、会社が一方的に雇用形態を変更することはできません。

本人に同意なく雇用形態を変更することはできません。正社員の雇用契約を終了(解雇等)するよりも、パートに変更の方が穏便にすむだろう、という考えもありますが、本当に能率が悪いというのであれば、むしろ雇用関係を終了する方が考えることが、現実的です。

本人の特性にあった仕事が他にあるのであれば、本人の同意のもとに、雇用契約を結び直すことは、可能です。
ただし、この場合でも、あくまでも本人の自由意志によって、正社員契約を終了して、改めてパート契約を結ぶことです。
その際には、きちんと書面にて取り交わすことが必要です。

また、正社員雇用の際に、勤務成績不良などの一定の条件で、パートタイム契約に変更するといった特約を結ぶことも可能です。

このような変更は、慎重に行うことが求められますし、そもそも採用の段階で見極めることが肝心です。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。