スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝手に仕事を持ち帰って残業代を請求された

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

ある社員から、自宅に持ち帰って仕事をした分の残業代を支払って欲しいと要求されました。責任感ある社員で、時間内で終わらない仕事を持ち帰っていたことが、たびたびあったようです。こちらとしては、持ち帰って仕事をすることを命じていないし、そもそも時間内で終わらせる工夫をするべきと考えており、残業代を支払うつもりはありません。どう対応したら良いでしょうか?

御社の就業規則には、残業についての規定はどうなっていますか?
上司の指揮命令下になければ、「労務に服した」と言えません。原則として、勝手に自宅で仕事をした場合には、残業代を支払わないのが原則です。

このケースでは、社員から事後報告として、この仕事を持ち帰った事情を聞き検討することです。
現実には、社員が自主的に自宅での仕事を、暗に求めているということもあります。もし、上司が「残業にならないように、自宅で仕事をしろ」などと指示していたら、問題です。

持ち帰り仕事は、情報漏洩の危険性もありますし、どれだけの時間をかけて仕事をしたのかという把握も難しいので、原則として持ち帰り仕事は禁止とすべきです。

このケースとは別ですが、職種によっては「在宅勤務制度」を導入している企業もあります。その場合には、指揮命令の内容や労働時間の把握について、詳細な規定を作って運用することが、求められます。

人事に関することは、専門家である社会保険労務士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

給料にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。