スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社内メールでの私用が目に余る社員への対応

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

業務連絡などで社内メールアドレスを社員に使わせていますが、プライベートの連絡も、社内アドレスで頻繁に使っている社員がいます。あまりにひどいので、懲戒処分にできるでしょうか?

多くの会社では、インターネットを使って顧客など会社からメールアドレスを与えて、業務をこなしてもらっています。また、パソコンを与えている会社も一般的となっています。仕事をしてもらうために、メールやPCを与えているのに、勤務時間中にプライベートなことに時間と使うことは、経営者としてはあってはならない、と思うのは当然です。

プライベートなことを勤務時間中に行うことは、「職務専念違反」となります。
あなたの会社の就業規則に、社内メールの私用禁止などの規定がありますか?
例えば、

勤務中に職務目的外でネットを閲覧すること、および私用メールを送信することを禁止する


という規定があれば、それを根拠に罰することはできます。
しかし、多量の私用メールを送るなど、業務に支障をきたしているというのでなければ、いきなり懲戒処分というのは重い処分です。
ひどい社員に対しては、注意や指導をすることです。そして、秋善が見られない場合には、始末書を書いてもらうといった、軽い処分を検討していください。

また、社内メールをプライベートに使うことは、企業情報の漏洩のリスクがあります。企業防衛の観点からも、規則の充実を含め、社員への教育が肝心です。


最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。