スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協調性に欠ける社員へ対応

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

多くの社員から「あの人とは一緒に仕事がしたくない」と言われている社員がいます。マイペースなのか周りとの協調性に欠けていると感じています。このことが理由で、会社を辞めたいと言いだされると困ります。どのように対応したらいいでしょうか?

会社では、様々な人間が働いていますので、一人一人が勝手な行動をしたのでは、企業活動として成り立ちません。社員規模の小さい中小企業ではなおさらです。
協調性に欠ける社員がいて、職場の秩序を乱している場合には、会社はその対応をすることが望まれます。

すぐに考えがちなのは、懲戒処分にできないか、というものです。ここで考えなければならないのは、本人の協調性のなさが、職場の秩序にどれだけ悪い影響を及ぼしているか、ということです。かなり業務に支障をきたしている、ということでなければ懲戒処分は難しいと考えます。

解雇ということも考えられます。
裁判例では、就業規則の解雇事由に「質無能力が著しく不良」というような項目があり、本人が社会的生活をする上でかなりの常識外れであり、また強暴で改善の見込みがない場合にには、解雇が有効と認定された例があります。ただし、かなり異常な場合に限ると考えたほうがいいでしょう。

本人の素質を採用時に見抜けなかったことが、悔やまれます。

会社としては、周りの社員から、なぜ一緒に仕事をしたくない、と言う理由をヒアリングすることです。もちろん、本人にも事情を聞かなければなりません。その上で、協調性に問題があるのであれば、本人に注意指導して、改善を求めることです。

数度注意して改善がない場合には、懲戒処分や解雇を検討していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。