スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバル会社への転職を防止したい

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

当社は、IT業界で特殊なソフトウェアを扱っています。ライバル会社から引き抜きをしているようです。せっかく育てた社員が、転職するのを防止したいのですが、良い方法はありませんか?

会社は、規模を問わず社員を時間をかけて育てています。しかし、社員が転職するときは、その会社で身につけたノウハウを活かせる同業種の会社に行くことが多いです。
会社としては、育てたコストを回収することが難しくなります。同業種への転職は防止したい、という気持ちは理解できます。

しかし、社員には退職の自由、職業選択の自由があるので、就業規則で転職を禁ずる規定を作ることは難しいです。
間接的に行う方法としては、退職後の一定の期間は業務上知った秘密は漏らさない、という規定や誓約書を書いてもらうことです。

営業秘密保持規程は、在職者に対しても機密漏洩を防止することにも役立ちますし、転職しにくい環境を作ることにもなります。

会社の取締役や幹部社員が、新会社を設立したり、移籍することは、取締役の忠実義務違反や社員の誠実義務違反が問題となります。社員がこの義務に違反して、会社に損害を与えた場合には、損害賠償責任を負うことになります。

社員の退職は、会社の損失ですが、以上の対策をしても転職を申し出る社員に対しては、円満に送り出すことも、機密漏洩防止に効果的になることもあります。

人事に関することは、専門家であるハーレー社労士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。