スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社に損害を与えた社員への対処

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

社員のミスで、ある製品をつくり直さなければならなくなりました。考えられない不注意によるものなので、材料費などを社員に損害を賠償してもらおうと考えています。注意点を教えてください。

社員は使用者の指揮命令に従い、労務を供給する義務があり、誠実忠実に労務を供給しなければなりません。
社員が故意または過失によって、会社に損害を与えた場合には、社員に対して損害賠償を請求することができます。
誠実忠実に労務を供給しなかった場合は、雇用契約上の債務不履行となるからです。
しかし、会社においては、職場環境に問題があったり、上司や同僚もそのミスに加担していた、ということも考えられるので、一般的な就業規則では、故意や不注意の程度が重い重過失の場合に限り、損害賠償することがある等と規定していることが多いです。

また、賠償額は損害が発生ないとはっきりしませんので、あらかじめ賠償額を決めておくことは、労基法でも禁止されています。

このケースでは、不良品の発生が、どのような原因で生じたかを改めて検証する必要があると考えます。作業工程に欠陥があったり、上司の指示のミスも考えられます。
会社全体の問題と捉えて、問題解決にあたり、その結果、本人の重大なミスが原因ということであれば、現実に損害を生じた金額の範囲で賠償請求することです。

人事に関することは、「人の専門家」であるハーレー社労士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。