スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働基準監督署から調査の手紙が来ました。

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

労働基準監督署から調査のお知らせが届きました。できることなら調査を受けたくありません。どのように対応したらいいですか?

労働基準監督署の調査には、呼び出し調査と臨検監督の2種類があります。呼び出し調査は、社長を役所に呼び出して行います。その際に、指定された書類を持参した上で、調査を受けます。
臨検監督は、監督官が事業所に出向いて調査を行うことです。多くは事前に日時を指定した通知が送付されます。予告なしに、突然会社に来ることもあります。

ご相談のケースは、事前連絡がある「臨検監督」だと想定します。
この臨検監督は、定期監督と申告監督の2種類があります。
申告監督については、別の機会で解説します。

定期監督は、無作為で選ばれることになっていますが、時期によっては業種や労災発生の多い事業所を選び定期的に調査をします。

この場合には、指定された書類を用意しておくことです。また、日時が都合が悪い場合には、日程を変更するように連絡します。無視してはいけません。誠実に対応することが大切です。

書類は、労働者名簿、雇用契約書、就業規則、出勤簿、賃金台帳といったものを準備します。定期監督であれば、調査は労働時間や雇用条件が、労働基準法に違反していないか、確認します。特に、出勤簿と賃金台帳は念入りにチェックされます。

残業代を支払っていないからといって、賃金台帳を見せなかったり、タイムカードを書き換えたりすることは絶対にしないでください。発覚すると思い罰則を受けることもあります。

残業時間と賃金台帳の残業代の時間が違っていたりすると、是正の指摘を受けます。その場合には、未払い分を精算するように勧告されます。そして、期限を決めて、是正したかの報告を求められます。概ね3か月間は、報告することになります。

調査の現場では、監督官はいろいろと質問をします。残業代については、社長の考えと違うこともあり、反論したいところですが、違反している場合が多いので、おとなしく聞いておくことです。

社会保険労務士が顧問にいるばあいには、同席してもらうと良いです。また、顧問でいない場合でも、スポットで同席を依頼することも、心強いと思います。

立ち入り調査の後、是正報告書を提出し、違法な状態がなくなったと、監督官が認めた場合には、調査は終了となります。

呼び出し調査や臨検は、会社の労務管理の定期健診と考えてください。経営者は、労働に関するルールをきちんと理解していないかたが多いです。
調査の機会に、働く環境の整備について考える機会が来た、きちんとした会社にする機会、と前向きに捉えることです。

人事に関することは、「人の専門家」である
ハーレー社労士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。