スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接待した時間に残業代を請求された

今日もありがとうございます
人事トラブルを円満に解決する「人の専門家」
ハーレー社労士です。

商談を成功させるために、社員には取引先を接待させることがあります。ある社員から、これは業務だからと、残業代の請求がきました。業務時間外であるし、会社のお金で飲食しているのだから、残業代は払わなくていいと考えています。

接待での飲食や接待ゴルフは以前より減っていますが、 色々な会社で行なわれている会社もまだまだあります。

社員の言う通り、接待の時間は時間的には拘束されています。
この接待の時間は、会社の命令、上司の指示により拘束されている時間、です。
比較のために法的な労働時間は、会社の命令、上司の指示により、場所も含め拘束されている時間、です

 比べてみると似ています。
もし、接待の時間に遅刻した場合、会社は罰することはしません。一方、法的な労働時間に遅刻した場合には、就業規則の規定で遅刻として罰することになります。

こうしてみると、接待の時間は、 「ゆるやかな拘束」です。
さらに、接待の時間に直接的な業務はしていません。
 お酒の席で契約の話をしても間接的でしょう。
接待の時間は、通常の労働時間に業務をするのとは性格が異なっています。

こういうことから、接待の時間(飲食やゴルフなど)が
会社が費用を負担していて、業務と関係ある場合でも、労働時間とみなされないのが通常です。


ご相談のケースでは、社員の方と、よく話をして納得してもらってください。接待の結果、商談がまとまったなら、業績評価などで評価に加点する、表彰をするということで本人のモチベーションを上げるようにすることです。

人事に関することは、「人の専門家」であるハーレー社労士にご相談ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人事にまつわる相談は、こちらにどうぞ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

オフィス・キリウ

Author:オフィス・キリウ
ハマの社労士ヒデの思いつきブログです。

「どこまで行っても人が命」


ご訪問いただきありがとうございます。


人を大事にする会社づくりアドバイザーの社労士ヒデです。


人を活かし育てる会社を応援し、


人々が活き活きと生きる社会づくりを目指しています。


一人一人の力は小さいですが、


それぞれの特徴を活かして、


つながっていけば、大きなことができると


信じています。





ホームページはこちら→www.kiriu.com


「助成金パンフレットプレゼントキャンペーン実施中!」←クリックしてね!


 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
google analytic
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
アースマラソン応援
アースマラソン応援バナー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。